ブログトップ

会津若松 さいとう歯科医院ブログ

sdental.exblog.jp

お口の相談室。

先日(2/25、26)セミナーへ行かせて頂きました。宿泊先はスカイツリーの近くで、夕食までの時間ソラマチ内を散策♪
b0196070_14361924.jpg
b0196070_14364018.jpg


何度も訪れていますが、未だ登った事がない展望台‼︎(これはまた次回の楽しみとしましょう...)
スカイツリー、綺麗でしたね(^^)☆

夕食は院長のご厚意で、叙々苑にて...
b0196070_14363098.jpg
b0196070_14365183.jpg
実は予約せずにお店へ伺ったのですが、なんと待ち時間なく入れてしまったのです‼︎
これは私達、持ってるな‼︎‼︎
(日頃、頑張って仕事をしているご褒美と受け取りました♪)
先生、ご馳走様でした。とても美味しかったです!

セミナー当日、
b0196070_14370003.jpg
東京医科歯科大学にて『卒後に学ぶペリオ』と題し、小林宏明先生、秋月達也先生の講演をお聞きしました。

歯周病治療で大事な事は、患者さんの気持ちに添うこと。
高度な交渉技術が必要であること。
傾聴スキルをアップされること。
歯周病に関わる悪習癖。
骨吸収の仕組み。
歯肉の炎症のメカニズム。
原因を正確に把握(全身疾患との関わり)。
SC、SRPのスキルアップ。
基本的な事を改めて気づかされた事、たくさんありました。
秋月先生は、歯周外科が有効である事のバックグラウンドを話され、基本の歯周治療で治せる限界、FOPの術式、動画もあり分かりやすい内容でした。
術後の副作用についても、再確認する事が出来ました。
良い勉強をさせて頂きありがとうございました。
DH 高橋




[PR]
# by saitou-dental | 2017-03-23 09:31 | Comments(0)
インプラントデンチャーのアバットがねじ部分で折れてしまいました。
b0196070_17014716.jpg

ねじ破折部分をとれないと、インプラント再埋入かと少し焦りましたが、とりました。

とり方を知りたい方。

折れるのはレアなケースですが、お困りの時はご連絡を。
b0196070_17015492.jpg



[PR]
# by saitou-dental | 2017-03-21 17:08 | インプラント | Comments(0)
かみ合わせの不正分類には、叢生、上顎前突、下顎前突、開口などありますが、今回は奥歯の7番しかかみ合わない開口の症例です。

いきなりステーキではありませんが、いきなり術前写真です。
b0196070_11410090.jpg
b0196070_11411222.jpg


お分かりの通り右側7番のみしか噛んでないようです。

以前は左上6,7がありましたが、噛み合わせの過重負担で、やむなく抜歯しました。

その後、右側しか噛めなくなったところで、話し合いの結果、左上6,7にインプラント、さらに矯正の治療計画を立てました。

そして、これが矯正終了時(リテナー開始)です。
b0196070_11412905.jpg

赤印 がインプラントの仮歯。

青印 がクラウンの仮歯。

仮歯は半年後に形をとることになりますが、とりあえず噛めるようなり、発音も改善したようです。

開口のまま放置したら、奥歯はぐらぐらになり、それはそれは大変なことになっていたでしょう。

反省点は下顎の歯肉が下がっている点ですが、年齢的なことを考えると致し方ありません。



[PR]
# by saitou-dental | 2017-03-02 17:47 | インプラント | Comments(0)
今日の正中離開

ダイレクトボンディングでなおしてます。
術前
b0196070_11132096.jpg





術後
b0196070_11133398.jpg

[PR]
# by saitou-dental | 2017-02-16 11:17 | 歯科 | Comments(0)
ある先生のブログでインプラントについて次のように述べられていました。

咬合が悪いとインプラントに害を及ぼすので、患者さんからインプラントを希望されてもお断りする。

Aer you serious?

一見 商売抜きで、患者さん第一主義で聞こえはいいですが、まったく正しくはありません。

インプラントの最大の利点は噛めるだけでなく、かむ力を分散できるので、残存している歯を守ることができることです。

インプラントをやらない場合、数年後には欠損部位は大きくなり、さらに困ったことにになります。

では、その先生が述べられている通り咬合が悪いとインプラントは失敗するのでしょうか?



b0196070_11555110.jpg
向かって右側の下は平成19年、上が平成22年セットしましたが、なんの異常もなく経過してます。

今年になり患者さんから、向かって上下1本ずつ入れてくれと希望されたのでお断りなく入れました。

インプラント部位でしか噛めないので、咬合理論からするとめちゃくちゃなんでしょうけど、大丈夫です。

かみしめが強い患者さんの場合は上部構造がかけたりすることはよくありますが、修理すれば問題はなく、インプラント本体は問題はないです。

インプラントの失敗の最大の原因は、咬合からではなく、手術のうまい、へたがほとんどでしょう。

[PR]
# by saitou-dental | 2017-01-13 12:29 | インプラント | Comments(0)