人気ブログランキング |
ブログトップ

会津若松 さいとう歯科医院ブログ

sdental.exblog.jp

お口の相談室。

カテゴリ:オーソモレキュラー療法( 11 )

オーソモレキュラー療法は、体に必要な栄養素が足りてるかを血液検査で調べます。。

項目は沢山あり、72項目です。

b0196070_18342866.jpg


b0196070_18344843.jpg

by saitou-dental | 2012-08-31 18:35 | オーソモレキュラー療法
この前のNHKのクローズアップ現代見た方は今の精神医療のすごさに、驚いたことでしょう。

精神疾患と診断されると子供であろうと薬づけにされ、大切な一生が台無しになります。

そういう風にならないためにも、最後まで読んでください。


統合失調症患者が、かなりの高い割合で低血糖症であることを示した研究は、だいぶ前から発表されています。

たとえば


「慢性統合失調症と分類された患者のうち、70%もが、何らかの形で低血糖症を示していた」(米国のW.ビーベとO.ウェンデルの論文、1973)


「統合失調症患者の70%以上が、相対的低血糖である。ほとんど100%が食事が正しくない)(米国のR.マイヤーズの論文、1973)


マリヤ.クリニックで受診した統合失調症128名のうち、124名が低血糖症であった。


でも、精神科医、製薬会社の多くは統合失調症が栄養が原因であることに否定的である。


何故でしょうか?

やっぱ、「お金」と「プライド」なんでしょう。

統合失調症と診断された患者、統合失調症を本気で治そうとしている精神科医は分子栄養学の事を知ってほしい。

(ここでいう低血糖症とは糖尿病でいう低血糖ではなく、機能性の低血糖症の事です)
by saitou-dental | 2012-06-18 22:58 | オーソモレキュラー療法
「うつ病が増えたのは不況のせいだ」
これは正しいと思いますか、それとも正しくないのでしょうか。

b0196070_2213660.jpg


10年で2,4倍に増えています。

一方 うつの治療薬の売上高は
b0196070_22214866.jpg


では、この2つのグラフを合わせてみると
b0196070_22225481.jpg


見事に患者が増加とうつ治療薬の売り上げ高は一致してるようです。

99年に新薬 SSRIが登場したのですが、新薬で患者が減るどころか、逆に増え始めました。

ここで注目されるのが製薬会社のSSRIのうつ病キャンペーンの戦略です。
b0196070_2311551.jpg


「うつ病は心の風邪」と言われるように,たれでもかかり気軽な病気のイメージを植え付けることにより受診しやすくなり、病気でない人もうつと診断されていることもあるのでしょうか。
(うつ診断もあまりに簡単だそうです)

以上ですが皆さんはどう感じますか?
by saitou-dental | 2012-06-03 23:22 | オーソモレキュラー療法
分子整合栄養医学を勉強中の歯科医です。

これから暑い日がやってきます。

小中高の学生諸君 スポーツ中はスポーツドリンクは飲むな。(ちょっと過激ですがこのくらいでちょうどいい)

飲むなら水、お茶がいいです。

スポーツドリンクはなんとなく体にいいようなイメージがありますが、毎日1Lボトル1か月飲み続けたら「ペットボトル症候群」という病気に。

正式名は「清涼飲料水ケトーシス」といいます。

血糖値が高くなり、意識昏睡になり時には死に至ることもあります。

500ミリリットルボトルには砂糖33g(角砂糖11個)含まれているので、毎日飲み続けると急性の糖尿病のような状態になります。

では少しなら大丈夫と思うでしょうが、砂糖は麻薬と一緒で依存性があるのでなかなかやめられないものでついつい飲んでしまいます。


ケトーシスとはインスリン作用不足のため、糖質の代わりに脂肪が分解され、脂肪酸からできるケトン体が血液中に過剰に増えた状態のこと。

ケトン体は酸性物質で、血液が酸性化(アシドーシス)し、ひどくなった状態を「ケトアシドーシス」という。

著しい口渇、体重減少、倦怠(けんたい)感などの症状が起きる。

 ケトーシスやケトアシドーシスは、インスリンを合成する細胞が破壊された「1型糖尿病」で起こるというのが常識だったが、食べ過ぎや運動不足などの生活習慣が主因とされる「2型糖尿病」でもケトーシスがみられるようになってきた。

 同症候群は、軽い2型糖尿病患者が清涼飲料水を多飲したときに、ケトーシスやケトアシドーシスになることを指す。

b0196070_23272076.jpg


日本人は欧米人よりインスリンの出が悪いので要注意。
by saitou-dental | 2012-05-12 23:39 | オーソモレキュラー療法
昨日に続き低血糖症についてです。

低血糖症が糖質摂取と関連があることはご理解いただけたかと思います。

人類の歴史上こんなに糖質を摂取している時代は今までありませんでした。

人類の祖先の狩猟時代はイノシシ、シカなどの生肉、昆虫、木の実を食べていました。

これらの食べ物はGI値が60以下のものばかりなので、血糖値の上昇が遅く、インスリンの分泌量が低く抑えられます。

その後の農耕時代は玄米を食べるようになりましたが、それでも玄米のGI値は56でそれほどインスリンの分泌量は多くありません。

しかもその時代は1日1食でした。

そして現代になり、一日3食GI値の高い精白米(GI値84)パン(GI値91)うどん(80) 間食にチョコレート(91)キャンディ(108)とインスリンを大量に分泌する必要なのです。

その結果、インスリンの大量な分泌により血糖値が下がりすぎと、今度は血糖値を上げるホルモン(アドレナリン、ノルアドレナリン、コーチゾーン)が異常に分泌されて、いろいろな異常症状、異常行動を起こすのです。
by saitou-dental | 2012-04-07 22:57 | オーソモレキュラー療法
低血糖症についてご存知でしょうか?

低血糖症とはたんに血糖値が低くなる病気ではなく、低血糖症とは、血糖のコントロールが不良になり適切な状態に維持できない病気です。

症状は多岐にわたり

・疲れやすい、だるい、体が重い
・不安になる、やる気が起きない
・死にたくなることがある。リストカットを、発作的にしてしまう
・落ち着きがない。集中できない。
・イライラして、自分をコントロールできない。
・睡眠薬がないと、眠れない。
・キレて、暴れる。
・プチッと火がつくと、過食して、食べるのが止まらない
・動悸がする
・頭痛
・筋肉のこわばり

などなど

まるで うつ病、統合失調症、自律神経失調症のような症状と似てるので誤診されやすいです。

低血糖症は、長年の糖質を中心とした食生活で、膵臓からのインスリン分泌のコントロールが悪くなった結果起こります。

過剰な糖質の摂取で血糖値が下がり過ぎると、血糖値を上げるためのホルモン(おもにアドレナリンや、ノルアドレナリンなど)が異常に分泌され、その結果さまざまな症状や異常行動を起こします。

過剰に出たアドレナリンは処理できずに残ったアドレナリンが酸化されアドレナクロムになります。

アドレナクロムが蓄積され一定量を超えると幻覚、幻聴、などの統合失調症の症状を引き起こすことになります。
by saitou-dental | 2012-04-06 23:15 | オーソモレキュラー療法
b0196070_121049.jpg


以前から 私もそうでしたが間違った考え方をしてたので皆さんにもお伝えしたかったことがあります。

それは・・・

「コレステロール値が高いと体に悪いので低い方がいい」という考え方です。

しかし、血清コレステロール値が280mg/dl以上の群より180mg/dl以下の群の方が死亡率が高いというデーターがあります。
(高すぎるのもよくないですが、低過ぎるのはさら良くないようです。)
データーは産婦人科治療、90(4);361~367,2005から

コレステロールはホルモン(男性ホルモン、女性ホルモン、副腎皮質ホルモン)、細胞膜、胆汁酸の材料になり人に必要なものなのです。

副腎皮質ホルモンは副腎で合成され、タンパク質、糖質の代謝に関与し、炎症を抑えたり、体内のナトリウムのバランスの調整をします。

副腎皮質ホルモンが不足すると元気がなくなり、疲れやすくなり、食欲が落ちます。

男性、女性ホルモンは性的特徴、生殖機能をつかさどっています。

胆汁酸は肝臓で作られ、脂肪、脂溶性ビタミンを消化分解する働きがあります。

またコレステロールの合成は肝臓で約80%合成され、20%は食べ物から摂取します。食べ物からの摂取が多すぎると肝臓での合成を調整する仕組みができています。

コレステロールが高くて動脈硬化の原因になり危険ですが、コレステロールが低いのも危険です。
低いと細胞膜が弱く脳卒中になりやすいそうです。

健康に生活するためにはコレステロール値は200~240mg/dlです。
by saitou-dental | 2012-03-20 01:07 | オーソモレキュラー療法
では、昨日の続きですが、

みなさん、サプリはどのような基準で選んでいるでしょうか?

サプリならどれも同じとはいかないようです。



おすすめはGMP基準に準じた工場で製造されたサプリでなんですが

GMP基準(薬事法で定めた医薬品等の製造、品質管理の基準)のサプリは

・最終完成品に表示されたすべての成分が均質に含有されていること

・常温で2年間品質の劣化がないこと


それに対して食品基準で製造されたサプリは

・最終完成品に対し成分の表示が求められていない。

・原料段階で含まれていれば、製造工程で加熱処理で成分が失われても問題にならない。

・均質性も求められない。


GMP基準は高品質でいいのですが、価格が高めです。
by saitou-dental | 2012-03-03 22:44 | オーソモレキュラー療法
現代は飽食の時代ですが、栄養素から見ると栄養不足の人が増えています。

私も血液検査の結果からサプリメントで足りない栄養素を補充してます。

これが今飲んだサプリです。
b0196070_23493417.jpg


あまりドン引きしないでくださいね。

目標は120歳までぴんぴんでいたいので最低このくらいは・・・

さて、飽食の時代になぜ栄養不足なのでしょうか?

・米、麦など精製されビタミンなどの栄養素が取り除かれるようになった。
 たとえば、江戸時代の江戸わずらいがそうだとされています。

・加工食品の増加

・保存食の増加(保存するに従い栄養素が減少する。)

・ストレス社会のためビタミンCが消耗する。

・農作物の栄養価の低下

・スナック菓子の氾濫

このように多くの方が栄養不足と認識せずにいるのです。

その結果として原因不明の体調不良、病気の引き金になっています。

「こんなに太っているから栄養不足ではない」

「野菜も肉も毎日食べているから大丈夫」

と思っているあなたも実は栄養不足かもしれません。
by saitou-dental | 2012-03-02 23:53 | オーソモレキュラー療法
血液検査の基準値が検査会社によって多少違いがあることに気付いている方は少ないでしょう。

たとえば

血清鉄の基準値

BML  男性60~210ug/dl

三菱化学メディエンス 男性50~200ug/dl

昭和メディカルサイエンス 男性54~200ug/dl




なぜでしょうか?







すべての検査会社は基準値を選定するために母集団を自社の社員から選んでいます。

その母集団の個体数は15~30人と少なく、NCCLS(National Committee for Clinical lLabratory Standards)が決めた正常な母集団には及ばないものです。

また、若い社員が多いか、年配の社員が多いか、女性なら閉経前、閉経後の女性が多いかでも基準値は左右されます。

このように基準範囲だけで正常とか、異常であると決めつけるのは危険なのです。

(個人差もありますので。)

以前は『正常値』と言われていましたが、今は『基準範囲』と呼ぶようになったのも理解できます。
by saitou-dental | 2011-10-03 00:02 | オーソモレキュラー療法