人気ブログランキング |
ブログトップ

会津若松 さいとう歯科医院ブログ

sdental.exblog.jp

お口の相談室。

<   2011年 11月 ( 16 )   > この月の画像一覧

他院で、「歯を抜いてブリッジまたはインプラントにしましょう」と言われて
迷ったあげく当院にいらっしゃる患者さんが大勢います。

他院であきらめた歯は当院でも難症例で時間とテクニックがかかりますが
なんとか抜かないで残せたときの患者さんの表情は大変満足され喜んで頂いております。

当院でもインプラントをバンバンやっていますが、患者さんはインプラントでなんでも噛めるようになった喜びよりも、一本の歯を残せた喜びのほうが断然大きいです。昨日もそのような患者さんからお手紙とお菓子をいただいたのでちょっと紹介します。

b0196070_2165080.jpg


手紙から一部抜粋

『他院で再治療を繰り返していた歯をさいとう先生に治していただきありがたく 会津へ行ってよかったとつくづく実感しています。今後また何かあったら 歯の事だったら先生にお願いしようと思います。そのような歯医者を見つけて心強くなりました。』
by saitou-dental | 2011-11-29 21:27 | ブログ
これで今日は寝ます。

b0196070_0422013.jpg


これは矯正のワイヤーでMEAWといいます。

最後に装着するワイヤーで、かみ合わせと一本一本の細かい調整をします。
by saitou-dental | 2011-11-29 00:50 | 矯正
休診のお知らせ

11月29日(火曜日) 午後

12月3日(土曜)

12月5日(月曜)

12月7日(水曜)午後

今のところ決定している曜日です。

ご迷惑をおかけします。
by saitou-dental | 2011-11-29 00:20 | お知らせ
今週のお花

b0196070_0133671.jpg

by saitou-dental | 2011-11-29 00:13 | 今週のお花
術前のレントゲン写真です。

b0196070_21484876.jpg

口腔内の写真は撮影してないのですが、赤丸の部分にフィステル(サイナス トラップ)があるのでとりあえず青丸の歯に根尖病変があるので治療してみました。

でも、治療しても赤丸のフィステルは消えません。








もしかすると緑丸の歯が原因歯の可能性があるので、歯を外してみました。

すると顕微鏡でのぞくと歯根の途中でパーフォレーション(歯に穴が空いている事)があるじゃないですか。

確かにレントゲンをよく見るとパーフォレーションのように見えてきます。

MTAでリペア―後フィステルは消失しましたが、歯科医のなん%がレントゲンだけでパーフォレーションがフィステルの原因と分かるでしょうか。

おそらくほとんどいないでしょう。

術後のレントゲン
b0196070_2141536.jpg


青丸の歯の遠心の歯根膜の拡張は側枝からの感染のようです。側枝が2か所あるのがわかりますね。
by saitou-dental | 2011-11-22 21:56 | 歯内療法
今週のお花です。

b0196070_2153483.jpg

by saitou-dental | 2011-11-21 21:53 | 今週のお花
この装置はなんでしょうか?

b0196070_18191164.jpg


装置の名前はバイオネターといいます。

子供の下顎後退骨格性上顎前突の症例に多く使用します。

わかりにくいので、簡単に言うとかみ合わせが深い症例です。

お口に装着してみるとこんな感じです。

b0196070_18275595.jpg


これは夜間のみ寝ている間の装置ですから、びっくりしないでください。

結果がいいと、ワイヤーをつけずにバイオネターのみで終了することもあります。
by saitou-dental | 2011-11-19 18:34 | 矯正
今日の読売ニュースの見出しです。

「高脂肪の食事が善玉菌を殺す  北大グループ研究」

以前から脂肪を多くとると、悪玉菌が増え、善玉菌が減ることはよく知られています。
なぜ、いまさらトッピクスになるのか不思議でした。

記事を読んでみると、脂肪を分解を助ける胆汁が善玉菌を殺すと載っていました。

これなら見出しは「胆汁が善玉菌を殺す  北大グループ」
のほうがいいんじゃないの。

情報は氾濫してるので、よく見極めが大事です。

余談ですが、「おなら」が臭いのは腐敗型細菌群の悪玉菌(ブドウ球菌、ウェルシュ菌)の菌数の割合が多いからです。

特に高齢になると悪玉菌が増えます。

そして、腸内細菌叢が崩壊するとがん、アレルギー、自己免疫疾患につながりので予防にオリゴ糖 ,ヨーグルト、ファイバーを多く摂るように心がけましょう。
by saitou-dental | 2011-11-18 23:17 | ブログ
スタッフからお誕生日のプレゼントをいただきました。

b0196070_20512329.jpg


感謝、感謝です。
by saitou-dental | 2011-11-17 20:52 | ブログ
根管治療に使用する消毒剤にFC(ホルムクレゾール)という薬があります。

まだ日本では普通に使用されていますが、アメリカではすでに使用されていない消毒剤です。

FCは歯の神経(有機質)を凝固、固定するために使用するのですが、その成分の4割がホルマリンです。(6割はクレゾール)

ホルマリンとはホルムアルデヒドを水に溶かしたもので、化学物質過敏症の原因となる有毒物質です。

ホルムアルデヒドは発がん性があり、生殖器を暴露するそうです。

ある大学の先生は日本の少子化はFcが関係しているのではないかと言っていました。

歯の先端には神経の通り道があり、その小さな穴から血液を介して全身に回ります。

以前、厚労省は少量なら問題がないという回答があったそうですが、消毒剤のふたが取れたり、ゆるんだりしてFCが漏れたりすることもあり得ます。また神経の先の穴(根尖)が大きくなっていたら問題がないとは言えないと思います。

一刻もはやくこんな危険なFCを使用禁止にすべきです。

ちなみに私は、根管に細菌などが入らないようにふたをするだけで、中は空がほとんどです。

たまに水酸化カルシュームを入れる場合もありますが。

心配なら、かかりつけの歯科医院に消毒剤は何か尋ねて見てはいかがですか。
by saitou-dental | 2011-11-16 00:42 | 歯科