人気ブログランキング |
ブログトップ

会津若松 さいとう歯科医院ブログ

sdental.exblog.jp

お口の相談室。

<   2011年 12月 ( 17 )   > この月の画像一覧

こんな感じでオフィスホワイトニングをしてます。

歯にホワイトニング剤を塗り、光を5分ほど照射します。

それを3サークルです。

ほとんどの方は1,2回のホワイトニングで満足します。

b0196070_18355860.jpg

by saitou-dental | 2011-12-29 18:40 | ホワイトニング
アルツハイマー型認知症の脳には、老人斑と神経原線維変化という2つの特徴的病変が見られる。老人斑は、アルツハイマー型認知症になると増えるアミロイドβ蛋白質の集合体です。インスリン分解酵素は、脳内のβアミロイドを分解する働きを持っています。高インスリン状態ではインスリン分解酵素がβアミロイドを分解されずに脳内に蓄積しやすく、アルツハイマー型認知症の危険性が高まる。
神経原線維変化は、糖尿病・高インスリン血症の結果、神経細胞における参加的エネルギー代謝に異常が起きて、微小管結合蛋白質の一つであるタウ蛋白がリン酸化されるのが原因です。タウ蛋白がリン酸化することで微小管が崩壊し、細胞質中で線維化が起きます。

日本歯科評論から
花田信弘 鶴見大学歯学部探索歯学講座 教授

要するに炭水化物の過剰摂取がアルツハイマー型認知症の原因になる。

昨今、食事を簡単にお菓子で済ましたり、ダイエットのため肉、魚を食べないし食生活を続けてる人は、今すぐ食生活を見直すべきです。

蛋白質を多く摂り、炭水化物(お菓子、米、パン、うどんなど)を制限した食事に改善すべきでしょう。
by saitou-dental | 2011-12-28 22:51 | ブログ
今週のお花
b0196070_19471697.jpg

by saitou-dental | 2011-12-27 19:47 | 今週のお花
お正月のお休み

12月30日~1月4日まで

お休みさせていただきます。
by saitou-dental | 2011-12-26 00:00 | お知らせ
今日はちょっと苦労した歯内療法の症例です。

術前レントゲンン

b0196070_2344643.jpg






歯内療法を真剣に取り組んでいる歯科医師ならわかると思いますが、、、

6番の近心頬側根の先端に金属片らしきものが他より白く映っています。

しかも湾曲しているようです。

赤丸がファイル破折片。

b0196070_031203.jpg


この金属片(ファイルの破折)をマイクロ、超音波チップで除去するのですが、5,6年マイクロを覗いていると30分もあればできるようになります。

コツさえつかめばですがね。

ファイルの取り除いた確認のレントゲン

b0196070_024920.jpg


では根充後レントゲン写真

b0196070_0252717.jpg


歯内療法の出来具合により歯の寿命が決まります。

マイクロがあればできるものでもありません。

やはり、マイクロ+経験です。

当院の特徴は他の歯科医院ではできない、やらない治療をするめったにない歯科医院です。
by saitou-dental | 2011-12-23 00:48 | 歯内療法
3年経過のインプラント症例。

50代女性
b0196070_21505176.jpg


60代男性
b0196070_2151499.jpg
b0196070_21511753.jpg


この患者さんは、半年に一度メンテナンスに来ていただいております。
レントゲンではインプラントの周りの骨に変化はなく順調に経過してます。

メンテナンスでは、口腔清掃、かみ合わせのチェック、レントゲンでの診査をします。



しかし、電話、はがきで何度もメンテナンスの重要性をお知らせをしても
メンテナンスに来ない患者さんはいます。

おそらく大丈夫と思っているのでしょう。

もし、メンテナンスを受けないでインプラントがだめになっても保障の対象外になります。

自己責任です。

心配になられた患者さんはすぐにメンテナンスの予約をしてください。
by saitou-dental | 2011-12-21 22:28 | インプラント
今週のお花

b0196070_1922937.jpg

by saitou-dental | 2011-12-21 19:22 | 今週のお花
先週、インプラント埋入手術後のレントゲン写真です。


症例1
b0196070_1329212.jpg

症例2
b0196070_13293935.jpg

どちらの症例も2本で、同じような部位に埋入してますので、難易度は同じと思われますが、

術者のストレス、汗の量はけた違いです。

何が違うと言いますと、

顎の神経管までの距離が十分あるか、ないかです。

赤線は神経管です。

症例1

左側のインプラントは神経管まで9,7mmで一番短いインプラントの8mmを埋入しました。

8mmのインプラントでも骨を削る量は8,5~8,7mm位なので、

残された安全域は1,2~1,0mmです。

安全域を突き破って神経を傷つけないように手術するプレシャーをわかっていただけたと思います。

症例2

これは神経管までの距離は16~17mmありますので、方向性さえ間違えなっかたらあまり気にせず削ることができまので術者は楽にオペできます。

最近ではigiシステムといってコンピューター制御でオペする方法も出てきましたが、

ただ大きな装置で、機械も高いので実用的ではないので普及してません。
by saitou-dental | 2011-12-19 13:34 | インプラント
b0196070_23194251.jpg


今年、最後の研修に大阪に行ってきました。

来年から 大阪の研修と関係ありませんが、〇〇分野に挑戦します。

〇〇は企業秘密ですが、日本ではやってる歯科医院は10件あるかないかでしょう。

おそらく、今は他の先生方に理解されないでしょうが、20年後は楽しみな分野です。
by saitou-dental | 2011-12-18 23:48 | ブログ
今週のお花
b0196070_1949494.jpg

by saitou-dental | 2011-12-12 19:49 | 今週のお花