ブログトップ

会津若松 さいとう歯科医院ブログ

sdental.exblog.jp

お口の相談室。

<   2014年 08月 ( 1 )   > この月の画像一覧

インプラントをした患者さんから、電話でしばしば次のような問い合わせがあります。

「今度MRI検査を受けるのですが、インプラントは大丈夫でしょうか?」

その回答として、

「インプラントは金属なので、金属のかぶせ物同様、インプラントの周辺にわずかにMRIの画像の乱れが起きます。
しかし、撮影目的の脳、耳の画像の乱れはないと思いますので、大丈夫です。
画像の乱れを防ぐために、金属、インプラントを外すことは、現実的ではありません。」

これで、患者さんは一応安心されて電話を置きます。

でも、これって的外れの回答じゃないのでしょうか。

言葉どうりに患者さんはインプラントを心配されているとしたら、

MRIによりインプラント本体に何らかのわるい影響が起こるか、起こらないかの質問なんでないでしょうか。

MRI撮影時には、入れ歯、ピアス、メガネ、コンタクトなどの金属を外すように指示があること、
撮影サイドの立場として、インプラントに不都合が起きた時MRIが原因でないという担保もほしいかもしれません。

こんな心配からの電話なんですかね。

今までにMRIが原因でインプラントに悪影響が出たなんて聞いたことありませんから、心配いりません。

患者さんも大丈夫の一言で、的外れの回答に安心しているでしょう。?

これからは、このような質問にはインプラント本体のこと、画像の乱れの2件答えるように注意します。

でも、金属のかぶせ物した患者さんからはこのような質問はまだないんですが。







by saitou-dental | 2014-08-06 00:05 | インプラント