人気ブログランキング |
ブログトップ

会津若松 さいとう歯科医院ブログ

sdental.exblog.jp

お口の相談室。

<   2017年 01月 ( 1 )   > この月の画像一覧

ある先生のブログでインプラントについて次のように述べられていました。

咬合が悪いとインプラントに害を及ぼすので、患者さんからインプラントを希望されてもお断りする。

Aer you serious?

一見 商売抜きで、患者さん第一主義で聞こえはいいですが、まったく正しくはありません。

インプラントの最大の利点は噛めるだけでなく、かむ力を分散できるので、残存している歯を守ることができることです。

インプラントをやらない場合、数年後には欠損部位は大きくなり、さらに困ったことにになります。

では、その先生が述べられている通り咬合が悪いとインプラントは失敗するのでしょうか?



b0196070_11555110.jpg
向かって右側の下は平成19年、上が平成22年セットしましたが、なんの異常もなく経過してます。

今年になり患者さんから、向かって上下1本ずつ入れてくれと希望されたのでお断りなく入れました。

インプラント部位でしか噛めないので、咬合理論からするとめちゃくちゃなんでしょうけど、大丈夫です。

かみしめが強い患者さんの場合は上部構造がかけたりすることはよくありますが、修理すれば問題はなく、インプラント本体は問題はないです。

インプラントの失敗の最大の原因は、咬合からではなく、手術のうまい、へたがほとんどでしょう。

by saitou-dental | 2017-01-13 12:29 | インプラント