ブログトップ

会津若松 さいとう歯科医院ブログ

sdental.exblog.jp

お口の相談室。

<   2017年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

大きな根尖病変ができてる下顎6番の根中間部の画像です。

b0196070_12105440.jpg
b0196070_12113496.jpg

画像がクリアーでないので、なんだかわからないと思いますが、目を凝らしてみてください。

(接眼レンズではもう少しはっきり映ります。)

青印は偽物の根管、赤印が本来の根管入口。

レッジができ、本来の根官が見当たらないので、根管口付近を拡大しCTを活用しながら、細いファイルが抵抗があるところを探します。

CTはインプラントだけでなく、根管治療にも力を発揮します。

今現在近心頬側、舌側はレッジ修正できましたが、まだ遠心2根がレッジがあり大変です。

本当に1歯ですべてレッジができてるなんて、大変です。

(大変を別の言葉にすると誤解されるので、大変を並べました。)

だから、レッジができないように、細いファイル少しずつ拡大し、いきなりファイルサイズをおおきくすると不幸なことになるので、焦らず丁寧に、慎重に。

だから、根管治療は根気がいります。短気な先生は歯科治療にはむかないですね。

私自身は自分で短気かなと思っているので、注意してますが、年とともに少しは良くなって来てるように感じます。




by saitou-dental | 2017-07-05 12:21 | 歯内療法