ブログトップ

会津若松 さいとう歯科医院ブログ

sdental.exblog.jp

お口の相談室。

タグ:インプラント ( 12 ) タグの人気記事

「安全なインプラント手術にCTは必要ですか?」

当院もCtがありますが、

営業的には「ctなしでは手術など不可能であり、危険である」と言いたいですが、

実は個人的には歯内療法もインプラントも「あっても、なくてもどうでもいいもの」と言わないまでも

「あったほうがいいくらいのモノ」と思ってます。

インプラントのホームページでCTを売りにしている歯科医院もたくさんありますが。

以前、下顎の4番部位でドリリングの際い、舌側の皮質骨を突き破り、舌下動脈を傷つけて死亡事故が起こりました。

その事故はCtを撮影したかどうかはわかりませんが、解剖学形態を熟知してたら防げたのでないかと思います。

例えばこんなことです。

b0196070_19473626.jpg


歯槽頂から下顎官まで14、10mmですが、仮に13mmで、赤線に沿ってドリリングしたら、11,32mmで皮質骨を穿孔し、赤星の舌下動脈を損傷し出血が止まらない状態になります。

ドリリングの際は舌側のくぼみを避けるため、対合歯の機能咬頭に向かって(青線の沿って)ドリリングすれば大抵は大丈夫なはずです。

ctはあったほうがいいですが、解剖学は必須です。
by saitou-dental | 2012-06-09 20:43 | インプラント
さあ、歯科医のみなさん 考えてみましょう。
b0196070_2145192.jpg


b0196070_21475114.jpg

b0196070_21481448.jpg

これは何でしょうか?

また治療はどうしましょうか。













これは滅多にない「外部吸収」じゃないかと思います。
原因は不明のようですが、破骨細胞じゃなく破歯細胞が貪食(?)すると習ったような気がします。
(細かいことは気にしない性格なので間違っているかも、でもあってます。)

それで、治療方法ですが

多くの先生は無難に抜歯でしょうが、私も迷いましたが今回はCharange。

できないと思うと、そこまでですからね。

誰かが言ってましたが「自分で壁を作っていけない」

術式ですが、歯根端切除術を行いますが、感染していると思われる歯質を一層超音波で削りMTAで封鎖してみました。

今のところ(まだ2週間ですが)傷口はきれいで順調に経過してます。

b0196070_22191563.jpg


心配なのは咬合したときMTAが砕けたり、歯が割れないかです。

順調に経過することを願うしかないです。

長期成功率  ・・・・う~ん20~80%
by saitou-dental | 2012-05-25 22:31 | 歯内療法
歯を抜くのと同時にインプラントを埋め込む方法を「抜歯即時」といい、逆に歯を抜いて骨が再生してからインプラントを埋め込む方法を「抜歯後待機」と言います。

抜歯即時は抜歯後待機に比べ感染する確率が高いので私は今のところやる気にはなりません。

骨が完全に再生してから手術する方が確実であり、術式も簡単で成功率が高くなるので患者の信頼を得やすいですね。

今回の症例は6か月待ってから手術しましたが、それでも骨の再生は不完全でしたがなんとかテクニックでカバーしました。003.gif

骨の再生は患者さんの栄養状態、喫煙の有無、炎症の程度によって影響するのでしょう。

b0196070_21474763.jpg
b0196070_2148772.jpg


骨があれば白く写りますが、骨の治癒が不完全だと黒く写ります。

今回11,5mmのインプラントを予定してましたが、上顎洞まで3~4mmしかないのでソッケトリフトで6mmくらい拳上して10mmのインプラントが入りましたが、もっと条件が悪ければあと半年待つことになったかもしれません。

b0196070_2211264.jpg


喫煙者で手遅れ抜歯の治癒は悪いので、何か月待っても骨が再生しないことがあるので、歯を抜くときは早めがいいですね。
by saitou-dental | 2012-05-17 22:20 | インプラント
Ctを設置する前は二次元の普通のレントゲン写真(オルソパントモ)で目を細めて千里眼の気分でトレースし、術前診査 計画を立てていましたが、設置後はストレスフリーでオペできるようになりました。

今日のインプラントは本当にめったにない簡単な症例でオルソパントモ一枚で十分なのですが確認の意味でCTを撮りました。

b0196070_22503896.jpg


骨幅、骨の高さが十分あり、何の制限もないのが、確認できます。

術後のレントゲン写真
b0196070_231113.jpg


ほら、一本だけで簡単そうでしょ。

初心者の先生はこういう簡単な症例から始めるといいですよ。
by saitou-dental | 2012-05-10 23:10 | インプラント
すきっ歯の印象はどうお持ちでしょうか?

なんでもフランスだと、Dent du bonheure(幸運の歯)と言われていて、すきっ歯の方は 福を呼ぶとか、幸運の女神とか言われるそうです。

でも日本ではあまり良いイメージはありませんよね。

例えば「間抜けに見える」 「貧相だ」などというように。


先日、すきっ歯でお悩みの患者さんがおいでになりました。

治療方法は 矯正、ラミネートベニア、ダイレクトボンディングの三種類ありますが、私が一番いいと思っているダイレクトボンディングでやって見ることにしました。

では、術前写真
b0196070_2043192.jpg


術後の写真
b0196070_2052960.jpg


この症例は治療回数一回、歯は少しも削らずに治療してます。

自然な感じで綺麗な仕上がりと思いますので、どこを詰めたかわかりませんよね。
by saitou-dental | 2012-05-09 20:15 | 審美歯科
怖がりの方はご遠慮ください。

歯根嚢胞摘出の症例です。

b0196070_2313124.jpg


今日は赤丸の2か所を摘出しましたが、他にも左上4番、左上7番にも大きさ2~3センチの嚢胞があります。

前歯は嚢胞によって歯が移動して中央の歯が2センチも離解してます。

ではわかりやすいようにCT像を

b0196070_23251870.jpg


ここからは術野の写真です。

b0196070_23285080.jpg

b0196070_2331040.jpg

b0196070_23321148.jpg



通常は嚢胞が大きくても歯根端切除術で歯を残すのですが、残しても審美性のいい歯が入りませんので、3本歯も抜きました。

将来は患者さんの希望でブリッジになります。


このように嚢胞ができたのは根管治療がいい加減な歯医者がいるからです。

根管治療は建物の土台に例えられます。

土台がいい加減で、保険外のセラッミクを被せてもだめですよ。

歯医者選びは慎重に!
by saitou-dental | 2011-09-30 23:58 | 歯科
いきなり写真です。

b0196070_19434474.jpg


矢印の歯いかがですか。

かわいそうなくらい不自然で、以前詰めたレジンが茶色く変色してこれじゃ大きなお口で笑えません。

セラミックの得意な先生は、歯が小さくなるまで削ってセラミックをかぶせる方法をとるでしょう。

しかし、それじゃ健康な歯質をいっぱい削るので歯は長持ちしないでしょう。

また、金銭的にもかなり負担が掛かります。(算術も得意かも)








そこで、得意のレジンのベニアで仕上げました。






b0196070_2012254.jpg


どうですか。

レジン(プラスチック)のベニアで仕上げました。

隣の歯と違和感がなく自然な感じで綺麗です。


治療時間は40分、で1回の治療で終わりです。

あなたならどちらを選びますか?


セラミック  それとも レジンのベニア
by saitou-dental | 2011-07-26 20:16 | 審美歯科
他院で『大きな病変があるため、大学病院で手術を受けた方が良い』と言われた症例です。
b0196070_22283211.jpg


赤丸の黒い部分が病変です。

b0196070_022255.jpg


患者様は、〇〇大学は個人的にあまり好ましく思っていないので、他の大学病院も考えたがいろいろ調べた結果、一度当院を受診してみたいとのことでした。


(どのように調べたか、今度機会があったら伺ってみたいです)


私は、次の点の考慮すると通常の根管治療よりは歯根端切除術(マイクロサージェリー)がベストと診断しました。

*2,3か所の歯科医院で治療を受けていること

*レントゲンではしっかり治療されているように見えること

*患者様が中通りの〇〇市から(車で約2時間)来院されること



一応、歯の破折の可能性、病変の大きさを知りたいためCTを撮影しました。

b0196070_23223641.jpg


赤丸のところに注目すると

頬側はもちろん口蓋側の骨までとけるほどの大きな嚢胞と分かります。

手術後のレントゲン写真です。

b0196070_23322638.jpg




7か月経過のレントゲン写真です。

b0196070_2335515.jpg


黒く骨が解けたところは、骨が再生してきて白くレントゲンでは見えます。

このようにうまくいくと、外科処置の場合6か月くらいで骨が再生します。

遠方からの患者様なので、無事に経過して、信頼にこたえられて良かったです。001.gif
by saitou-dental | 2011-07-23 22:35 | 歯内療法
上顎6番の歯肉がパンパンに腫れ、痛みが出た患者さんの症例です。

術前のレントゲン写真です。

b0196070_18385060.jpg

丸で囲んだ部分が黒くなって膿みが溜まっている状態です。

根尖でなく分岐部あたりが黒いので、歯の破折も考えられました。

とりあえず痛みがとれて、根管内が綺麗になったので根管充填しました。

術後のレントゲン写真です。

b0196070_18424513.jpg

丸で囲んだところが側枝に根充剤が入ってます。

どうやら、側枝の感染が原因で化膿してたようです

側枝とは根管が枝分かれしてる細い根管のことです。
by saitou-dental | 2011-07-15 18:54 | 歯内療法
歯科医師になって、早20年。

(もう20年か。早いな)

下顎の6番が6根を見つけたのは、多分初めてかも。

今までもあったのかもしれないれど、気付かなかったかも。

気付かなかった歯は、今頃抜歯になってるかも。(ごめんなさい)

下顎6番が6根の確率は、多分0.1~0.3%ぐらいかも。
b0196070_20195161.jpg


b0196070_2020578.jpg


根充後のレントゲン

b0196070_20224518.jpg

by saitou-dental | 2011-07-07 20:30 | 歯内療法